衣装レンタルの始まりと歴史

レンタル衣装の歴史について

借金の返済が出来ない時に行われたようです

西洋文化が日本に介入するようになり、人々の生活にも西洋の物が多く取り入れられるようになりました。
当時はまだまだ珍しい物が多く、扱う所も少なかったのですが少しづつ日常生活にも浸透するようになってきました。
徐々に受け入れられるようになると、当たり前のように人々も、着物から洋服へとチェンジするようになっていき、食事面でも西洋文化が濃く感じられる物が好まれるようになりました。
着物は手放す人々が多くなり、その多くは呉服屋が引き取るようになりました。

そこで、少し安価で販売されていたのですが、着る機会もだんだんと少なくなり、晴れの日の衣装として着物を着る事が当たり前と言うのが定着していきました。
ですが、あまりにも着物の在庫が多くなりしまう場所にも困ってくるようになってきた事から、呉服屋の経営はますます悪化していきました。
この危機的状況を打破する為に、呉服屋が着物を貸し出す事を思いつき、レンタル衣装は現代にまで浸透していったと言われています。

庶民の間にも洋服が定着するようになってから、冠婚葬祭でもドレスを着用する庶民も増えてきた事で着物は海外から来た人がお土産として購入するようになりました。
海外では着物は珍しい衣装として多くの人がコレクション品として購入する事が多かったです。
昔から日本の着物の美しさと繊細さは世界の誰もが認めていました。
ドレスと違って軽くて暖かいですし、上品さと可憐さも兼ね備えていたので、海外の人はその着物の美しさに見とれていました。

文明開化の影響を強く受けた事も関係しています

昔はお金を借りる時は、担保の代わりに着物や大切な物を質屋に預けてお金を借りていました。 期限までにきちんとお金を返さないと、預けた物は質流れ品として色んな所に出回って売られていました。 前の記事でも紹介したように、洋服文化が日本に入るようになると着物は逆に貴重な衣装として扱われるようになりました。

晴れ着として重宝されるようになりました

昔から、成人式は振り袖や着物が当たり前でした。 その為、人生に一度の晴れの日だからと言って購入する家庭も多かったですが、その値段は当時では考えられないくらい高価な値段になっていました。 前の記事でも紹介したように、呉服屋が着物のレンタルを開始するようになり晴れ着として重宝されるようになりました。

日本のどこが発祥の地とされているかについて

昔から残っている資料にはレンタル衣装についての所説は様々あるそうですが、一番有力とされているのが大阪だと言われています。 大阪の呉服屋が廃業して貸衣装屋として経営を始めた事から、徐々にそれが江戸に浸透していったようです。 現代になって、舞台衣装として着物は重宝されるようになりました。

おすすめリンク

レンタル着物で結婚式に参加!

一度しか着ないので購入は無し!レンタル着物なら着付けもついているので結婚式にもぴったり

記念品にぴったり!名入れ手袋

名入れの手袋のバリエーションをご紹介します。記念品などにもおすすめです。詳しくはこちらです。

不要な着物はどうする?名古屋の着物買取

名古屋の着物買取情報!いい着物も着る機会がなければ無意味。誰かに着てもらえれば着物も活かせます。

宝石の買取の査定方法

宝石の買取をお考えの方におすすめの情報が満載です。こうすれば高価買取を狙えますよ。